読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はのちゃ爆発

はのちゃが技術ネタとか日常のこととかを書いてます。

開発合宿をやって得られた知見 その3:時間について

開発合宿 技術

開発合宿をやったまとめ記事第6弾、今回は時間…スケジュールについてです。

まさかの第6弾。どこまで続くんだ

先にまとめ的なものを

今回の合宿での累計作業時間は、およそ 16時間 でした。

キッチリしたスケジュールを立てていなかった割にはそれなりの時間を開発にあてられたのではないかと思います。

が、ちょっと自由にやりすぎて開発時間を結構削ってしまった印象もあるので、 次回はもう少し、雑にでもいいのでスケジュールを考えておきたいと考えています。

もう少し詳しく

今回の開発合宿のスケジュール、振り返ってみると以下のような感じでした。

最初はもっと細かく書いてたんですが、一回ブラウザクラッシュして書いてた内容全部飛んだので心が折れました。

日付 時刻 内容 累計作業時間
1/7 09:45 集合、レンタカーを借りる
10:30 出発
13:40 中央道談合坂SAにて休憩、昼食
16:00 宿に到着、周辺の散策や開発環境セットアップ、作業 01:00
18:00 夕食(BBQ)
20:00 作業 06:00
??:?? 各々適当に就寝
1/8 10:00 起床、朝食
11:00 作業 08:00
13:00 買い物、昼食のため外出
16:00 宿に戻り、夕食を作りつつ作業 12:00
20:00 夕食
21:00 作業 16:00
??:?? 各々適当に就寝

9日は帰宅日なので作業なし、ということで記載してません。

こうして振り返ってみると、16時間は作業時間として確保できていたということが分かります。 思ったより結構作業時間があった…という印象。

まあ、私は二日目宿に戻ってから頭痛でしばらく寝込んでたのであんまり…ですが…(´・_・`)

タイムスケジュールに関する感想とか反省とか

作業時間自体は結構しっかり確保できていたのでは、と思っています。 問題はその作業時間をちゃんと活用できていたのかということですが

結果的にはそんなに悪くないスケジュールだったというのはありますが、大きな反省点が1つ。

今回の開発合宿、あらかじめ細かいスケジュールを組んではいませんでした。

細かいスケジュールを組んでいなかったため、 例えば「二日目の買い物~昼食、宿に帰ってくるまで」が長くなりすぎたのが気になっています。

時間にルーズになってしまっているため、開発に割ける時間の予測ができず、 「開発合宿なのに開発してる感があんまりないな…」と思ってしまう原因の一つになっていると感じました。

やるときはやる、遊ぶときは遊ぶ、と、メリハリのある開発合宿にするためにも、 ある程度、そこまでカッチリではなくても、タイムスケジュールは考えておいたほうがよかったかもしれない、と思っています。

とはいえ

とかいろいろ反省をしてみたものの、個人的には今回の開発合宿のタイムスケジュール、そんなに悪くなかったと思っています。

カッチリとしたスケジュールを決めていたら開発にもっと時間を割けていたかもしれないのは事実ですが、 逆に自由なスケジュールにしていたおかげで焦らず買い物、食事、観光ができ、開発ものびのびと出来ました。

次回はもうちょっと開発の時間は開発の時間としてキッチリ確保したうえで、 自由時間もしっかり確保し、今回と同程度に伸び伸びと開発できるような合宿にしたいですね。

次回は

いよいよ、たぶん最後のまとめです。 皆様お待ちかねの 「成果」 についてです。

あ、でも上記の通り数時間寝込んでたぐらいなので推して知る感じでお願いしますね(ゝω・)vキャピ