読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はのちゃ爆発

はのちゃが技術ネタとか日常のこととかを書いてます。

才能とは

自分には才能が無いと思うことがよくある。

高専時代はあまり感じなかったが、大学院に入り、
逆求人イベントだったり、その他似たようなイベントに参加し、
インターンシップに参加し、就職活動をし…
JAISTに来てからの1年間、ものすごく濃い時間だった。


今まで関わってこなかった、エンジニアを志す学生と知り合い、
自分がどれだけエンジニアとして未熟なのか、自分のやりたいことは何なのか、
今までどれだけ自分は何もしてこなかったのか…
色々なことを改めて考えさせられた。


「自分はエンジニアに向いていないんじゃないか?」
「周りはあんなに色々な知識を持っているのに、自分は何も持っていないじゃないか」
「実際にプログラムを書くのにかなり時間がかかるじゃないか」


が、これは別に才能の問題ではないのだろうな、と思っている。
単純に今まで自分はさぼりすぎていたのだ。

高専は確かに忙しかった。
通学に片道2時間弱、部活やバイトをする時間はなく、レポートと実験、
テストに追われる日々だった。

本当に時間がなかったのだろうか?
それは嘘だ、時間なんていくらでもあった。
通学時間、京王線新宿駅から狭間にたどり着くまでの間、何をしていた?
流行りのゲームに現を抜かし、はたまたライトノベルを読んで過ごす日々じゃなかったか?
家に帰ったら学校の勉強をしていたか?そんなこともない。
帰ったら帰ったで、学校での疲れを言い訳にネトゲに没頭していただろう。


要は「やってない」のだ。
自分で好きだのなんだの言ったって結局「やってない」のだ。
モノ作りが好き、プログラミングが好き、PCが好き。
嘘はついていない。嘘はついていないが、自分の余暇をそこに割いてこなかったのだ。
授業でプログラミングをしていた時間はそう長くないのだから、
他の人間に比べたら全然できないのが当たり前である。


やらなければ何も身につかない。やらなければ出来るようにはならない。


世の中には、どんなにやっても出来ない人も居るらしい。見たことはないが。
自分は幸い、「やればできる」タイプの人間ではあるようだ。
「やらなくてもできる」人間が居るのかどうかは分からないけれど、
「できる」人間になりたいのであれば、とにかくやるっきゃないのだ。

為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり